自動車 事故 保険

『自動車 事故 保険』

自動車を運転する上で、自動車による事故を起こす可能性というものは、0%ではないのです。

あなたがどれだけ気をつけていても、自動車による事故の被害者になる可能性もあります。

そのために、予め自分や同乗者、また万が一事故を起こしてしまった場合に損害賠償責任を
負ってしまった場合などの補償として自動車保険に加入しておくことが必要となります。

自動車保険に加入している事を前提に、事故が起こってしまった場合に事前に備えておきたい物とはどのようなものでしょう。

自動車保険の保険証券の右側の切り離せる部分を車の中に積んでおきましょう。

そこには、加入している自動車保険の契約内容や事故時の連絡先などが書いてあります。

強制加入の自動車保険の自賠責保険の保険証や車検証は法律上でも車に必ず積んでおく必要が
あります。

また、万が一自動車事故を起こしてしまったらまず警察に届けを出し、契約している自動車保険の保険会社にも連絡をしましょう。そして現場では絶対に示談交渉をするのはやめましょう。

もし安易な示談をした結果、その額が公正妥当な値段ではなかった場合にも、その差額について自動車保険の保険会社からは絶対に保険金をもらうことはできないからです。

 

『自動車 保険 免責』

自動車保険に加入をしていれば、どんな時でも保険金が支払われると思われがちですが、実際はそういうわけではなく、一定の条件下での事故の場合は、自動車保険の保険の免責となって、保険金が支払われない場合もあります。

免責とは、自動車保険の保険金の対象ではなく、自分で費用を支払うことをいいます。
自動車保険の免責になる場合にはいくつかの場合があります。

無免許運転・飲酒運転・麻薬などを使用した場合などにより、正常な運転ができない恐れのある状態での運転中の事故によって生じた損害や運転者自身の傷害については、自動車保険の、
自損事故保険、無保険車保険、搭乗者傷害保険が適用されないことになります。

また、自動車の所有車の許可なく運転した場合に生じた損害や傷害に対しても、上記の3つの
自動車保険は適用されることなく、免責となります。

また、地震・噴火・台風・洪水・高潮・津波による損害では、対人賠償保険、対物賠償保険、
無保険車傷害保険の自動車保険の対象ではなくなります。

このような例のほかにも、運転者家族限定割引のついた自動車保険に加入している場合には、
家族以外の人が運転した場合の事故については保険金の対象とはならずに、免責となってしまいます。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.